Javascirptを有効にしてご覧ください.

東北大学インターネットスクール (ISTU)

東北大学インターネットスクール (Internet School of Tohoku University, ISTU) とは, 東北大学で開講されている授業科目の各々に用意された専用のウェブページから, 講義の動画などの臨場感あるディジタル教材の閲覧やレポート課題の送受信などが可能なサービスです. ISTUは遠隔教育での活用も想定して設計されたため, 様々な機能を備えています. ここではISTUへの接続方法と, ISTUが持つ機能のうち, 利用者ポータル画面と各種設定, そしてディジタル教材へのアクセスなど, 主な機能とそれらの使い方について説明します.

1. 接続方法とログイン

1.1 ログイン

ISTUはウェブブラウザから接続して利用する情報サービスです. インターネットに接続可能なコンピュータにおいてウェブブラウザを起動し, https://istu3g.dc.tohoku.ac.jp/に接続します.接続すると, 図1のようなログインページが表示されます. 学外ネットワークから接続の場合は, 図2のログインページに接続されます.

ログインページ (図1) において, 「ユーザID」のボックスに東北大ID,「パスワード」のボックスに東北大IDパスワードを入力 (図1の1) したら,[ログイン]ボタン (図1) をクリックしてISTUにログインします. ログインページの URL https://istu3g.dc.tohoku.ac.jp/ を「ブックマーク」や「お気に入り」に登録しておくと便利です.

図1. ISTUのログインページ (学内ネットワークの場合).

学外ネットワークから接続してログインする場合には, 図2のページが表示され, セキュアリバースプロキシ (SRP) 認証を利用する必要があります.

図2. ISTUのログインページ (学外ネットワークの場合).

1.2 利用者ポータル画面

ISTUにログインすると, 最初に利用者ポータル画面 (図3) が表示され, ディジタル教材への接続が可能になります. ログイン後にISTUの接続を終了するには, 画面右上の[ログアウト]ボタンを必ずクリックして下さい.

2. 利用者ポータル画面

利用者ポータル画面 (図3) では, 受講授業科目(*1) やシステム管理者からのお知らせ情報 (図3の2), 受講授業科目一覧 (図3の3), 今日から一週間以内に締切があるレポート課題の情報 (図3の4) を確認できます. ISTUにログイン中, 画面左上方の東北大ロゴマーク・ISTUロゴマーク, または基本メニュー欄の[トップ]をクリックすれば, いつでもこの画面に戻ることができます.

補足*1: 学務情報システムで履修登録を行った授業科目が, 履修登録期間終了後にISTU上の受講科目として自動登録されます.)

図3. 利用者ポータル.

2.1 お知らせ情報 (図3の2)

受講授業科目の担当者 (教員やアシスタント) からのお知らせのほか, システムの臨時休止などのお知らせがリスト表示されます. それぞれのお知らせの件名をクリックして, 内容を確認してください.

利用者ポータル画面には最新のお知らせ情報3件のみが表示されますが, [一覧表示]ボタンから全てのお知らせ情報を確認できます.

2.2 受講授業科目一覧 (図3の3)

開講日に関わりなく, 現セメスター (クォーター) の受講科目がリスト表示されます. リスト中の受講科目名をクリックすると, その科目に登録されているディジタル教材が一覧で表示 (図5) されます.

図3左の[科目検索/受講申請]ボタンをクリックすると, 受講可能授業科目一覧 (図4) に遷移します. この画面では, 現セメスター (クォーター) 以外の受講授業科目へのアクセスやシラバスの検索, オンラインでの受講申請(*2) などが行えます.

補足*2: オンラインでの受講申請は, 授業担当教員が許可している科目に限定されます.

図4. 受講可能授業科目一覧.

3. ディジタル教材の受講

授業科目の教材一覧画面 (図5) から, その授業科目で提供されている各種のディジタル教材を確認できます. [タイトル] の欄 (図5の6) に記載されている教材名をクリックすると, それぞれのディジタル教材の受講画面にアクセスできます.

それぞれのディジタル教材には, 公開期間やレポート提出期限などが設定されています. これらの期限を過ぎると受講や提出ができなくなりますので, 期限内に確認するよう注意してください.

図5. ディジタル教材一覧.

3.1 配布資料

教材一覧画面 (図5) で, アイコンが である教材のタイトルをクリックすると, 配布資料の受講画面 (図6) へと遷移します.

図6において, [ダウンロード]ボタン (図6の7)をクリックすると, 登録されている配布資料のファイルをダウンロードできます.

図6. 配布資料受講画面.

3.2 レポート課題

担当教員がISTUを使ってレポートを課し, 受講者がISTUを使ってレポートを提出する機能です. 教材一覧画面 (図5) で, アイコンが である教材のタイトルをクリックすると, レポート課題の提出画面 (図7) へと遷移します.

課題文を読み, 課題ファイルを参照するよう指示があった場合は, [課題ファイル参照]ボタン (図7の8) より課題ファイルをダウンロードして下さい.

レポート提出には「ファイル送信形式」と「テキストエリア形式」の2通りの方法があります. 以下それぞれの方式について解説します.

図7. レポート課題提出画面.

3.2.1 ファイル送信形式

ファイル送信形式でのレポート課題では, 以下の手順でレポートを提出します.

レポート提出が完了すると, 画面上部にその旨が表示 (図13の17)され, 画面中央部の「状態」欄に提出した日時が表示 (図13の18) されます.

「提出ファイル」欄のファイル名 (図13の19) をクリックすることで, 提出したレポートファイルをダウンロードし, 確認することができます. また, 提出ファイルを差し替える場合は, [ファイル選択・削除] ボタンから専用アップローダーを起動し, 提出済みのファイルを削除, その後新しいファイルをアップロードし, 再度の提出を行ってください.

図13. レポート提出完了後.

3.2.2 テキストエリア形式

テキストエリア形式のレポート課題の場合は, 解答の文章をページ内の「解答」欄 (図14の20) に直接入力した後, [提出] ボタン (図14の21) をクリックし, 確認ダイアログの [OK] を選択して提出します.

図14. テキストエリア形式での提出.

提出が完了すると, 画面中央部の「状態」欄に提出した日時が表示 (図14の22) されます. 解答を変更する場合は, 解答欄の文章を直接編集し, [提出] ボタンをクリックしてください.

図14. テキストエリア形式での提出完了後.

4. 教員の方へ

教員の方々を対象に, ISTUの基本的な操作方法を解説したチュートリアル (PDF版) を用意いたしました. こちらよりダウンロードしてご覧ください.

5. お問い合わせ

 ISTUの操作方法の詳細は, 各画面右上方に設置された緑色の[?ヘルプ]ボタンをクリックして, ヘルプを参照して下さい. ヘルプを参照しても解決できない場合は, 次のいずれかの連絡先までお問い合わせください.


この記事の目次

関連サイト