情報教育システム(ICL)

このページの概要

川内キャンパスにあるマルチメディア教育研究棟1階部分には, 情報科目をはじめとするさまざまな授業に利用される計算機システムが導入されており, 授業利用はもちろんのこと, 自習のために利用することができます. このページでは, 情報教育システムの利用法について簡単に紹介します.

目次
Close

1. システムの概要1.1 利用者 1.2 利用場所・方法
2. 基本情報2.1 端末の種類 2.2 ソフトウェア 2.3 ICL演習室 2.4 ユーザ認証 2.5 ユーザのホーム領域 2.6 プリンタ
3. 遠隔接続3.1 概要 3.2 利用法 3.3 注意点
4. テクニカルアシスタント
5. お問い合わせ

1. システムの概要
Close

1.1 利用者

情報教育システムは, 本学のすべての正規学生(学部生, 大学院生)が利用できます. 利用するにあたって, 利用者登録などの手続きは不要です.

1.2 利用場所・方法

2. 基本情報
Close

2.1 端末の種類

Linux/Windows端末Mac端末
使用可能なOSLinux(CentOS), Windows 7(起動時に選択)OS X (Yosemite)
設置場所ICL演習室1(160台), ICL演習室2(160台)
ICL演習室3(30台), 情報科目相談室(4台)
ICL演習室4(20台), 情報科目相談室(1台)

2.2 ソフトウェア

情報教育システムに導入されている主要なソフトウェアは次の通りです. (この情報は2019年4月1日現在の構成に基づいています. ソフトウェア構成は予告なく変更されることがあります.)

OS主要なソフトウェア備考
CentOS 6.7
(Linux/Windows端末)
Firefox 46, Chromium 44
Libre Office 1.3
Adobe Reader
日本語pLaTeX2ε, TeXMaker
プログラミング言語 (C/C++, Java)
統合開発環境 Eclipse 3.1
R (統計解析)
Octave (数値計算)
CentOS環境はICL演習室外からの遠隔接続で利用することもできます. 詳しくは第3節をご覧ください.
Windows 7 Professional
(Linux/Windows端末)
Firefox 55, Microsoft Edge 43, Google Chrome 46
Microsoft Office 2013 (Word, Excel, Powerpoint)
Adobe Reader
日本語pLaTeX2ε, TeXStudio
統合開発環境 Eclipse 3.1
情報科目相談室のLinux/Windows端末では, Adobe Illustrator, Adobe Acrobatが利用できます.
OS X Yosemite
(Mac端末)
Firefox 55, Google Chrome 46
Microsoft Office 2013 for Mac (Word, Excel, Powerpoint)
Adobe Reader
日本語pLaTeX2ε, TeXStudio
統合開発環境 Eclipse 3.1

2.3 ICL演習室

演習室利用可能な端末利用可能時間備考
ICL演習室1 (M104)Linux/Windows端末 (160台)
カラープリンタ1台
平日 8:30〜18:00
(短縮期は閉室)
ICL演習室2 (M105)Linux/Windows端末 (160台)
カラープリンタ1台
平日 8:30〜20:45
(短縮期は 8:30〜18:00)
ICL演習室3 (M101)Linux/Windows端末 (30台)
カラープリンタ1台
平日 8:30〜18:00
(短縮期は閉室)
ICL演習室4 (M103)Mac端末 (20台)
カラープリンタ1台
平日 8:30〜18:00
(短縮期は閉室)
情報科目相談室 (M102)Linux/Windows端末(4台)
Mac端末 (1台)
カラープリンタ1台
スキャナなどの周辺機器類
平日 8:30〜18:00
(短縮期は閉室)
利用相談のための部屋です.
授業・イベント・自習等には利用できません.

なお, ICL演習室の開室時間帯は都合により変更されることがありますので, 教育情報基盤センターのウェブサイトにて最新情報をご確認ください.

2.4 ユーザ認証

端末を使用するICL演習室や使用する端末の種類・OS環境に関わらず, ユーザ認証は学籍番号IDと東北大IDパスワードで行います.

2.5 ユーザのホーム領域

2.6 プリンタ

3. 遠隔接続
Close

3.1 概要

自宅など, ICL演習室以外のところから, インターネットを通して情報教育システムのLinux環境を利用できるサービスです. (遠隔接続サービスでは, Windows環境とMacOS環境は提供していません.) なお, 遠隔接続サービスでは仕様上, Macからのご利用はできません.

3.2 利用法

遠隔接続サービスを利用するためには, 利用者のPCに接続用のツールをインストールする必要があります.

3.2.1 接続用ツールのダウンロードとインストール

まず最初に, 下記の手順にしたがって接続用ツールをインストールしてください.

3.2.2 遠隔接続方法

接続用ツールをインストールした後は, 下記の手順に従ってください.

3.3 注意点

4. テクニカルアシスタント
Close

情報科目相談室(M102室)には, テクニカルアシスタント (略称 Tech-A)と呼ばれる大学院生が勤務しており, 利用者の皆様から寄せられるシステムや情報科目に関する様々な質問や相談事に対応しています. ぜひお気軽にご相談ください. 相談可能な時間帯や場所など, テクニカルアシスタントに関する詳しいご案内については, 教育情報基盤センターのウェブサイトをご覧下さい.

5. お問い合わせ
Close

情報教育システム, ICL演習室に関することについてのお問い合わせは, 次の連絡先までお願いします.