Javascirptを有効にしてご覧ください.

キャンパスWi-Fiサービス (eduroam)

1. はじめに

1.1 本サービスの概要

本サービスは, 携帯電話, スマートフォン, タブレット, ノートPCなどの携帯端末から無線通信回線を通して学内のネットワークおよびインターネットに接続するためのアクセスポイントを提供するサービスです.

1.2 対象ユーザ

本サービスは本学の学生であればどなたでも利用することができます. 利用にあたりましては特別な書類上の利用申請手続は不要ですが, 利用を開始される前に, 統合電子認証システム上で「サブID」および「サブIDパスワード」を設定しておく必要があります.

1.3 利用可能エリア

本サービスは,「eduroam」と呼ばれるサービスを利用しています. 学内・学外を問わず, eduroam のアクセスポイントに接続可能な場所であれば, どこでも利用することができます. 学内で eduraom アクセスポイントに接続可能な場所については, TAINS(東北大学総合情報ネットワークシステム)のウェブサイトに掲載されています. (学内限定ページです. 「アクセスポイントの設置場所」をクリックしてご覧下さい.)

2. サービスの利用法

2.1 サブIDの設定

本Wi-Fiサービスを利用するためには, まず最初にあらかじめ統合電子認証システムにおいて自分の「サブID」とそれに対応する「サブIDパスワード」を設定しておく必要があります. 詳細につきましては, 統合電子認証システムの解説記事 (学内限定)をご覧下さい.

なお, サブIDおよびサブIDパスワードの設定が反映されて有効になるまでに, 最大で一日ほどかかりますので, ご注意ください.

2.2 認証情報の確認

アクセスポイントに接続する際にはユーザ認証が必要ですが, そのための情報は次の表の通りです.

ユーザIDパスワード
[SubID]@student.tohoku.ac.jpサブIDパスワード

[SubID]のところは, 各自で設定した自分のサブIDに置き換えてください. 例えば, あなたのサブIDが "JohnSmith" ならば, 本サービスにおけるあなたのユーザIDは "JohnSmith@student.tohoku.ac.jp" となります.

2.3 端末側の設定

お手持ちの端末側で必要な設定を行います. 基本的な設定情報は次の表の通りです. お使いの端末によっては, これらの設定を自動で行うものもあります.

設定のための基本情報
SSIDeduroam
認証方式eduroam方式 (IEEE802.1X PEAP/MSCHAPv2)
セキュリティWPA2 エンタープライズ
暗号化AES

具体的な操作方法につきましては, お使いの機種, OSによって異なりますので, 画面右側の目次に掲載されている操作ガイドをご覧下さい.

2.4 接続と終了

本Wi-Fiサービスはおおよそ次の手順で利用することができます. 具体的な操作方法はお使いの機種によって異なりますので, 詳細につきましては, 画面右側の目次に掲載されている操作ガイドをご覧下さい.

2.5 証明書について

本Wi-Fiサービスをご利用になる際に, 下図のように「証明書の検証」ダイアログが出てくることがあります. 下図は MacOS X v10.6 での画面例です.

これは, あなたが接続しようとしている相手が正当な相手であるかどうかを確かめるための手続きです. 本Wi-Fiサービスのサーバは自分の正当性を証明する証明書を持っており, それをあなたが (あなたがお使いの端末が) 正当な証明書であるかどうかを検証します. この操作によって, 通信相手の正当性を確認しています.

本Wi-Fiサービスにおいては, 接続時に「証明書を検証する」旨のボタンやダイアログが現れたときに,「検証する」「証明書を表示する」などのボタンをクリックして頂くと, 証明書の正当性を検証することができます.

目次へ戻る

3. お問い合わせ

本記事に関すること, 本Wi-Fiサービスに関すること, 端末の設定などについて, 質問・相談などは下記の連絡先までお寄せください.

目次へ戻る

この記事の目次

OS別操作・設定ガイド

関連サイト