Javascirptを有効にしてご覧ください.

情報教育システム (ICL) よくある質問集

1. 利用者用端末関係

Q1-1: どの端末を利用すればいいのですか?

Answer

ご利用になりたいOS環境に応じて, 端末をお選びください.

OS端末備考
Linux (CentOS 6.8)Linux/Windows端末起動時にOSを選択します
ICL演習室4を除く全ての演習室に配置されています.
Windows 7Linux/Windows端末
MacOSX YosemiteMacOS端末ICL演習室4と情報科目相談室に配置されています

基本的に, 同じOS環境をご利用になる場合には, どの演習室のどの端末からログインされても構いません. ただし, 演習室によってはインストールされているソフトウェアの構成に若干の違いがあります. 詳しくは「ソフトウェア構成」をご覧下さい.

追記 (2017/4/7) 運用を一時停止しておりました, Ubuntu環境は, 2017年度から運用を完全停止することになりました. Linuxをご利用の際は, CentOS環境をご利用ください.

Q1-2: 英語版環境を利用したいのですが.

Answer

Linux環境, Windows環境については, ICL演習室1〜3および情報科目相談室のLinux/Windows端末にて英語版環境を使用することもできます. 端末起動時に英語版環境を選択してください. (ただし, 日本語版環境に比べて起動にやや時間がかかることがあります.) MacOS環境については, 英語版環境はサポートされていません.

Q1-3: 端末の電源が入りません.

Answer

端末背面を見て, 電源プラグが抜け落ちていないか, 差し込みが弱くなっていないかをご確認ください. 電源プラグをしっかりと差し込んだうえで, 再度電源スイッチをおしてみてください. それでも電源が入った様子が見られなければ(ファンの音がしない, 光るべきLEDランプが光らないなど), 端末の物理的な故障が考えられますので, お近くのテクニカルアシスタントまたは技術職員までご連絡のうえ, 他の端末をご利用ください.

Q1-4: 端末が反応しません.

Answer

端末がキー入力を全く受け付けない, マウスによる操作も全く効かないなど, 全く反応しなくなった場合, OS環境がハングアップしてしまった可能性が濃厚です. その場合には, 次の手順に従ってください. なお, この手順では作業中のデータは(保存していない限り)全て破棄されてしまいます.

なお, 端末の電源を落としてそのままおよそ5分が経過すると, その時まで使用していた仮想デスクトップ環境も自動的に電源が切れるようになっています.

目次へ戻る

2. 認証関係

Q2-1: 端末にうまくログインできません.

Answer

認証コードをもう一度お確かめください. 端末, OSに関わらず, ユーザ名は学籍番号ID (英文字は小文字), パスワードは東北大IDパスワードです. 認証コードが正しいにも関わらず, ログインがうまくいかない場合は, 次のことを検証してみてください.

ご自分で原因を判断できない場合には, 遠慮なくお近くのテクニカルアシスタントまたは技術職員までご相談ください.

目次へ戻る

3. プリンタ関係

Q3-1: プリンタから紙が出てきません.

Answer

端末からプリント命令を出したにも関わらず, プリンタから紙が出てこないことには, 幾つかの原因が考えられます.

プリンタから思った通りに紙が出てこない場合には, 何度もチャレンジを繰返したりせずに, お近くのテクニカアシスタントまたは技術職員までご相談ください.

Q3-3: プリント枚数カウントが間違っているかも?

Answer

プリント枚数は, 原則として実際に消費された紙の枚数を基準にカウントされています. (例えば両面印刷で2ページ分を1枚の紙に印刷した場合には,「1枚」とカウントされます.) しかし, システム側のトラブルなどにより, 印刷が完了する前に不完全な状態で止まってしまった場合など, 利用者側の責任ではない理由で印刷が中途終了したにもかかわらず, 印刷枚数のカウントが進んでしまうこともあります. そのような場面に遭遇された場合には, お手数ですがテクニカルアシスタントまたは教育情報基盤センター基盤技術部門 (マルチメディア教育研究棟5階 M507) の技術職員までご相談ください.

目次へ戻る

4. USBメモリ関係

Q4-1: USBメモリがうまく認識されません.

Answer

USBメモリを一度本体からゆっくりと抜き取った後, 再度USBポートに差し込んでみてください. (一つのポートで正しく認識されない場合は, 本体背面のポートなど, 別のポートを試してみてください.) コンピュータの状態によっては, 認識までに少し時間がかかることもありますので, 暫く待ってみてください. なお, お使いのUSBメモリによっては, OS側で正常に認識できないために使用できないものがあります.

Q4-2: USBメモリでファイルの読み書きがうまくいきません.

Answer

USBメモリに施されているフォーマット(情報の記録形式)と, OS環境側でサポートしているフォーマットが食い違っていること, さらに文字コードの違いなどが原因で, このような不整合が起こることがあります.

文字化けによるファイル認識の不具合を防ぐためには, ファイル名にはなるべく全角文字や空白などを使用せず, 英数字のみで構成することがおすすめです.

目次へ戻る

5. ブラウザ・ネットワーク関係

Q5-1: ネットワークが遅い, またはサイトにつながらない.

Answer

学内のLAN (StarTAINS) は十分高速なネットワークですが, ネットワーク機器のどこかに障害が発生すると, そこがボトルネックとなってネットワークの性能が低下することがあります. このような場合の多くは物理的な機械障害が原因ですので, 障害が復旧されるまでお待ち頂くしかありません.

例えば, 他のウェブサイトには普通に接続できるのに, ある"特定のウェブサイトA"にのみ接続できないという場合は, そのウェブサイトAを運営するサーバ側に障害が発生していたり, 接続要求が集中しすぎて対応しきれなくなっている可能性があります. その場合も, "ウェブサイトA"側の障害復旧を待つしか手はありません.

ネットワーク系の障害については,「端末からネットワークケーブルが抜けている」「端末側での設定が間違っている」といった初歩的なトラブル以外は, 基本的には管理者レベルでないと対応できないことがほとんどです. ICL演習室の端末については, 少なくとも「端末側でのネットワーク設定」は正しく設定されておりますので, 利用者の方はご自分で操作なさらないよう, お願いいたします.

追記(2017/4/7): ICL演習室のLinux環境上で, Firefoxブラウザでネットワークに接続できなくなったときには, 次の回復手順をお試しください.

追記(2016/4/14): ICL演習室の端末からサイトに繋がらない原因の一つとして, プロキシの設定がおかしくなっていることがあります. 特定のサイトだけではなく, どのサイトにも接続できないという場合には, 次の手順でプロキシの設定を確認してください. (Firefoxブラウザの例)

以上の設定の後, サイトに接続できるかどうかを確認してください.

なお, この設定の後, ブラウザのホームボタンを押して教育情報基盤センターのウェブサイトが表示されない場合は, 次の手順にてホームページを再設定してください.

Q5-2: Chromiumブラウザ上で「パスワードを保存しますか」等のメッセージが出る

Answer

Linux環境 (Ubuntu) 上でChromiumブラウザを使用しているとき, パスワードを入力するサイトでパスワードを入力すると「このパスワードを保存しますか?」というメッセージが出てくることがあります(下図).

ここで「パスワードを保存する」を選択すると, それ以後, 下図のように「Enter password to unlock your login keyring」というダイアログが表示されてパスワードの入力を求められるという事象が発生することがあります.

このウィンドウが出てきた時には「キャンセル」ボタンをクリックしてください. また, このウィンドウが出現しないようにするためには, 次のうちのいずれかの操作を行ってください.

1. 記憶されたパスワードを削除したい場合

2. 記憶されたパスワードを残しておきたい場合

この操作を実行した後で Chromium ブラウザを起動すると, 次のようなメッセージが表示されます. ここでは何も入力せずに "OK" をクリックします.

すると, 下図のように「暗号化していないパスワードを保存しますか?」と聞かれるので,「安全でないストレージを使う」をクリックします. (安全性に問題はありません.)

Q5-3: Firefoxブラウザを起動できない.

Answer

Firefoxブラウザを起動しようとすると,「既にFirefoxが起動していて, 新たに起動できません」という主旨のメッセージが表示され, Firefoxが起動できないことがあります. この場合は, 次の手順に従ってください.

1. Linux環境の場合

2. MacOS環境の場合

6. アプリケーション関係

Q6-1: [Linux環境] アプリケーションの関連づけを変更したい.

Answer

ファイルマネージャ上でPDFファイルをダブルクリックすると自動的にPDFビューワが起動したり, 画像ファイルをダブルクリックすると自動的に画像ビューが起動するように, ファイルの種類(拡張子)に応じてアプリケーションが自動的に起動する仕組みのことを, ここではアプリケーションの「関連づけ」と呼んでいます.

しかし, 場合によってはある事情によって, 自動起動するアプリケーションを別のアプリケーションに変更したいということがあります. ここでは, PDFビューワを "Adobe Reader" から Ubuntu 標準のドキュメントビューワに切り替える事例を例にとって, アプリケーションの関連づけを変える方法を説明します.

Q6-2: [Linux環境] エディタ(gedit)上で日本語入力が機能しなくなることがある.

Answer

Linux環境(CentOS)にて, エディタアプリ gedit を使用中に, 突然日本語入力機能が効かなくなる事象が発生していることが確認されています. この場合は, 次の手順を試みてください.

7. その他

Q7-1: 自宅で作成してきたテキストファイルが, 文字化けしてしまった.

Answer

ご自宅で使用しているパソコンのOSと, ICL演習室の端末で使用しているOSで文字コードが異なることが文字化けの原因です. なお, バイナリファイル(PDFファイルや ".doc" ファイルなど)は文字として認識できない形式で記録されていますので, ここでの解説の対象からは外れます.

例えば, ご自宅のWindows PCでテキストファイルを作成して普通に保存すると, Windows標準形式の Shift-JIS コードで記録されます. それをICL演習室のLinux環境でテキストエディタで開くと, 標準文字コードが utf-8 になっているため, 文字コードの不整合により文字化けが起こります.

文字化けが起こったとしても, ファイルそのものの中身が壊れるわけではありません. テキストエディタの文字コードを Shift-JIS に設定できるのであれば, そのように設定しなおせば, 正常に読むことができるはずです. 性能のよい最近のテキストエディタでは, ファイルの読み込みと同時に文字コードを自動判別してくれるものも一般的です.

テキストファイルの文字コードが不明である場合には, Webブラウザを用いて簡単に調べることができます.

Q7-2: ICL演習室の端末と同じ(または同等の)ソフトウェアを自宅のPCに導入できますか?

Answer

ICL演習室の端末に導入されているソフトウェアには, フリーで入手できるものが多くありますので, そのようなものについては, 自宅PCにも導入することができます. 代表的なものについていくつか紹介しておきます. なお, 以下の記述はリンク先のURLも含めて, 2015年4月1日現在の情報に基づいています.

  • ここで紹介しているソフトウェアに関するサポートなどは行っておりませんので, 導入に関しては自己責任でお願いいたします.
  • フリーで利用可能なソフトウェアについては, 不具合に対して十分なサポートが得られなかったり, 突然開発が打ち切られたりすることがあります.
  • フリーで配布されているソフトウェアであっても, 著作権は放棄されていないものが大多数です. 利用にや再配布などに際しては, そのソフトウェアに定められたルールを遵守してください.
目次へ戻る

この記事の目次

関連サイト